概要

効果的な病原体検出を達成する最良の方法は、実験動物施設内のさまざまなレベルで複数の試験方法を使用することです。解析的に最も高感度の特異な技術を特定して組み込むことにより、最も精度の高い再現可能な結果を提供することを目指しています。

社内研究開発チームが率いる研究所では、高感度で特異なPCR技術を通じて従来のヘルスサーベイランス試験または代替センチネルフリーの試験を提供できるよう、継続的にサービス範囲を拡大しています。

サービス 説明

アウトブレイク管理

  • 初回のポジティブアラート (LTM™)
  • 血清学試験
  • 汚染の範囲

アウトブレイク管理手順には、ポジティブな結果のアラートに加え、確認試験と汚染アセスメントに関する計画の概説が含まれています。

動物のヘルスサーベイランス

お客様のニーズに合うように設計された、複数レベルのヘルスサーベイランス試験をご用意しています。解析的に高感度の特異な技術を複数組み込むことにより、精度の高い再現可能な結果が得られると確信していただけるはずです。

環境モニタリング

環境モニタリングは、資材(例:飼料、床敷、水、器材)および施設レベルでバイオセキュリティを維持するためのプロアクティブなアプローチを提供するものです。弊社の研究室では、PCRおよび微生物学の方法論を利用して、実験動物施設内の病原体を同定しています。

細胞株と研究生物製剤スクリーニング

  • マイコプラズマを含むげっ歯類の感染病原体
  • ヒトの感染病原体
  • 種間汚染
  • 無菌

弊社の研究所では、生物製剤の予防スクリーニングを実施して、研究での利用前に感染病原体がないことを確認いたします。