実験動物施設でのバイオセキュリティ違反への解決手順

Charles Riverでは、研究の中断、経費および損失を最小限に抑えるのに役立つ多段階の解決方法をご用意しています。最初のステップでは、影響を受けた領域境界を定義して明確にし、資材、動物、器材または人員がさらなる汚染に関与しているかを判断します。この後、汚染領域と周辺の影響を受けた領域および器材を効果的に消毒するように、改善計画が練られます。

サービス 説明

初期対応アセスメント

  • ソースの同定
  • 作業ストリーム管理

弊社のチームが、影響を受けた領域境界を定義し、明確にして、資材、動物、器材または人員がさらなる汚染に関与しているかを判断するお手伝いをします。

復旧計画

汚染の範囲と研究への影響に応じて、Charles Riverでは、貴重な実験動物の復旧に焦点を当てた計画を立てさせていただきます。

災害対策

当社の経験豊富なチームがお客様と連携して、将来の汚染発生時に備えた準備を確実なものとするため、必要な予防措置の概要を示す包括的な計画を作成いたします。

改善サービス

研修エキスパートが包括的なニーズアセスメントを実施し、特定のニーズに合わせた研修プログラムを作成いたします。