代替ヘルスモニタリングプログラム

動物研究施設は、実験動物の使用を減らし、病原体サーベイランスを改善ために、センチネルフリーシステムに移行しつつあります。排気ダスト(EAD®)や環境PCR試験など、より高感度な方法を使って、動物の代わりに自然環境からサンプルをスクリーニングすることで、センチネル動物を使う必要性を減らしたり排除したりすることができます。さらに、この方法により、特定のげっ歯類の感染病原体検出のための既知の 不衛生な床敷センチネル法の限界も克服できます。 Charles Riverでは、施設に合ったプログラムをお客様と協力して開発しております。

ご相談はこちら

ケージの種類別のサンプルプログラム

以下は、飼育設備で使用される動物飼育システムの種類に基づいた、さまざまな代替ヘルスモニタリング(HM)試験オプションです。


個別換気ケージ(IVC)

ほとんどの研究施設では、IVCを使用して動物モデルを収容しています。IVCラックの各ケージが独立した生物排除システムとして機能するため、さまざまな健康状態の動物を同じラックに収容できます。Charles Riverでは、IVC収容の動物モデル向けに、センチネルフリーおよびハイブリッドプログラムの両方をお届けしています。
サンプルプログラムを見る


サンプル採取ユニット

お客様は Roxanne ですか、それともGaryですか?

Gary or Roxanne?

これは、床敷センチネル試験について既知の限界を克服しようとする2人の実験動物施設の従業員の物語です。 続きはこちら


マイクロアイソレーターケージ

マイクロアイソレーターまたは静的ケージは、ケージの内部環境と外部環境の間にケージレベルの障壁を作成できるシンプルで効果的な設計となっています。空気の流れは止めず、環境汚染物質がケージに入るのを防いでくれる特殊なフィルターが取り付けられたケージのふたを利用します。サンプルプログラムを見る


従来のケージ

従来のオープントップのケージはフィルター付きのふたを持たず、ラックまたは棚に直接配置されます。このタイプのケージとの大きな違いは、ケージ内部と部屋の環境の間に障壁や保護がないため、バイオセキュリティのリスクが高まるということです。
サンプルプログラムを見る