げっ歯類またはヒト由来の研究用生物製剤のスクリーニング

調査手順の一貫として、げっ歯類またはヒト由来の研究用生物製剤のスクリーニングが実験動物に行われることがよくあります。生物製剤に感染病原体が含まれておらず、適切な宿主種に由来したものであることを確認するのに、予防スクリーニングの実施が必要なためです。

げっ歯類とヒトの感染病原体

種間汚染用のCLEAR

  • 細胞株の試験および報告(CLEAR)PCRパネルを使用して、細胞株の認証を行っております。
  • 種間汚染の0.5%未満を検出いたします。分化できる細胞には、マウス、ラット、チャイニーズハムスター、ゴールデンハムスター、ヒトおよび非ヒト霊長類(NHP)種に由来する細胞が含まれます。

PCRテクノロジー

  • TaqMan® PCRテクノロジーを使用して実行されるアッセイ
  • げっ歯類パネルはOpenArray®プラットフォームで実行されます
  • すべての試験は研究目的でのみ非GLPで行われます

一般的にスクリーニングされる生物製剤

  • 細胞株―初代および連続継代性
  • 基底膜マトリックスタンパク質などの細胞株製品
  • フィーダー細胞(脾細胞、胸腺細胞など)
  • 腹水
  • 精製抗体