実験動物施設における環境微生物モニタリング

環境モニタリングは、動物コロニーの健全性に影響を与える可能性のある有害な要因を特定および除外するためのプロアクティブなアプローチを提供するものです。弊社の専門スタッフが、微生物モニタリング方法またはPCR試験法を利用して、お客様の施設向けにカスタマイズされたプログラム開発にご協力いたします。

見積もりのご請求

施設および表面の検査

動物飼育システムやドレーンの表面、壁、床、ワークステーション、クリーンベンチ、照明スイッチといったエリアをスクリーニングして、一般的な清掃およびバイオセキュリティ実践の有効性を評価します。

水の検査

サンプルが無菌であるか不要な病原体が存在していないか検査して、動物の飲料水に感染病原体が混入していないかどうかを判断することができます。

飼料と床敷

散らばった飼料および床敷の容器には潜在的な病原体が含まれている可能性があるため、定期的に、またはベンダーを変更するたびに検査する必要があります。