トランスジーンのコピー数

トランスジーンは通常、タンデムリピートとしてゲノムにランダムに挿入されますが、挿入位置とコピー数は各ファウンダーラインで異なります。弊社では、qPCRを用いて各ファウンダーラインの相対コピー数を決定し、トランスジーンの不安定性や密接にリンクされた挿入の分離といった貴重な情報を提供しています。このどちらも、コロニーの一貫した表現型に影響を及ぼす要因として、一般的に見落とされているものです。検出されない変更は生殖細胞系を通り抜けることから、コピー数の決定がトランスジェニックモデルの重要な品質管理ツールとなります。

トランスジーンの相対または絶対コピー数は、表現型の変化またはコロニーの一貫性のないパフォーマンスの説明にも役立ちます。このどちらも、疾患の表現型や前臨床薬物効能解析といった研究には不可欠なものです。