概要

CRISPR/Cas9で生成されたモデルのPCRベースのスクリーニングサービスでは、目的の標的部位に小さなインデルを持つ突然変異キャリアのファウンダーまたは細胞株を迅速かつ正確に識別いたします。マイクロ流体レーザー誘起蛍光技術に基づくPCR分析プラットフォームでは、小さなインデルが存在する場合に、ヘテロ二本鎖の形成を高感度で検出することができます。これは、T7エンドヌクレアーゼ消化の基本となるもので、CRISPR/Cas9生成の突然変異に対して最も一般的に使用されるスクリーニング方法です。弊社独自のアッセイと組み合わせたこのPCRプラットフォームは、背景ノイズを生成して突然変異の検出を曖昧にすることが多いT7エンドヌクレアーゼ消化と比較し、よりクリーンなデータを生成します。

CRISPR-Cas9は、The Broad InstituteおよびERS Genomics Limitedから米国特許および国際特許を取得済みおよび申請中のライセンスの下で使用しています。