遺伝子発現解析

発現プロファイリングデータは、安全リードの最適化および用量制限毒性試験で有用であると証明されており、従来の方法では収集できない洞察が得られる場合があります。Charles Riverでは、Life Technologiesの事前検証済みTaqMan®遺伝子発現アッセイを用いて、低密度および中密度のマウスおよびラットの遺伝子発現試験を行っています。

仕組み

サンプルは、内在性コントロール(18sRNA)と共に二重試験されます。 ∆Ct値は、平均ターゲットCt値と平均内在Ct値から算定されます。 ∆∆Ct値は、各遺伝子についての既知の未処理またはコントロールサンプルを使用して導き出されます。最終相対定量(RQ)値は、2^-∆∆Ctの式を使用して∆∆Ct値から導き出されます。RQ値は、コントロールと比較したサンプルの遺伝子発現の上方または下方制御を示したものです。

その他の用途

  • RNAを介した遺伝子ノックダウンの効果を定量化
  • 個々の遺伝子または複数の遺伝子のデータを確認
  • トランスジーンまたはノックアウト構築物からのmRNA発現の定常状態レベルを測定