ジェノタイピング:マウスとラット

効果的なげっ歯類コロニー管理は、データだけでなく、ラットまたはマウスのジェノタイピング結果に依存します。ルーチンで行われるジェノタイピングにより、コロニーのサイズを管理し、研究コホート用の動物を選択し、今後の繁殖用の動物を確保することができます。

ハイスループットのマルチプラットフォームを使ったラットとマウスのジェノタイピングを行う弊社試験施設は、サンプルの受託からより効率的な実験動物コロニーの管理促進まで好ましい結果を出しております。ジェノタイピングプロセス全体の自動化により、高速ターンアラウンドタイムを実現でき、スケールアップやジェノタイピングリクエストに迅速に対応することが可能となります。


現在ご利用のマウスのジェノタイピングソリューションは、お客様のニーズに合わせてカスタマイズされています?

Charles Riverでは、カスタムアッセイ開発オプションや複数の組織タイプの試験など、あらゆるプロジェクト用に完全にカスタマイズできる試験を提供しております。


トランスジェニックマウスおよびラットのコロニーのジェノタイピングサービス

サービス トランスジェニックコロニーの重要性
標的突然変異およびトランスジェニックの接合性検査 試験はトランスジェニック繁殖戦略にとって非常に重要で、ホモ接合型とヘミ接合型のトランスジェニック動物の間の接合性を識別するものです。
CRISPR-Cas9*生成の突然変異スクリーニング 弊社独自のアッセイと組み合わせられたPCRは、よりクリーンなデータを生成し、突然変異を持つファウンダーを正確に同定します。
コロニーの問題に関するトラブルシューティング エキスパートチームが、コロニーに発生する可能性のある問題を解決いたします。例えば、トランスジーンの分離や不安定性の特定のお手伝いをさせていただきます。
ES細胞の遺伝子ターゲティングのスクリーニング 遺伝子ターゲティングスクリーニングにより、トランスジェニック動物モデルに希望する突然変異を確実に発現させます。
トランスジーンの分離と不安定性 トランスジーンの分離により、トランスジェニック動物モデルに希望する突然変異を確実に発現させます。
トランスジェニックキャリアの同定 目的の遺伝子を次世代系統に伝播させるために、トランスジェニックキャリアを同定します。

オンラインでのサンプル提出も可能で、 臨床検査管理® (LTM™)によりカスタマイズされたレポートもお届けします。このプログラムでは、LTM™ Shipにより遺伝子検査のサンプルを無料で送付していただけます。** この便利で使いやすい配送ソリューションは、自動オーダートラッキングを使用するすべての主要配送業者と連携しているため、サンプルの提出をオンラインで簡単に追跡することができます。

 

よくあるご質問(FAQ)

  • What is a transgenesis?

    Transgenesis introduces known genes in the mouse genome at random sites with the intent to produce a phenotype based on overexpression of the gene.

  • How long does backcrossing genetics of mice take?

    Genetic modifications will be on the new background strain after 10 generations. This will take approximately 2 years for mice, as each generation will take 10-12 weeks (gestation time plus time to reach sexual maturity at 8 weeks).

  • What is speed congenics?

    Speed congenics is a technique that takes advantage of the variability between animals and known small genetic difference between strains. These small differences are Single Nucleotide Polymorphisms (SNPs). Mouse genetic testing, through panels of SNP assays can show which animals in each generation have the most genetic material from the new strain by look where the strains being compared have different SNPs.

  • How are animal models checked for genetic quality control?

    There has been an extensive use of genetically modified animals in research. CRISPR-Cas9*, a gene editing technique, is utilized to generate new models, or modify existing models. In order to expand a colony, one needs an assay for genetic monitoring. During the creating process, while designing the targeting constructs, an assay is also designed for genotyping the final animals. This way a researcher can easily determine which animal cells/animals contain the modified gene.

  • What is the impact of genetic background and genotyping?

    Our webinar on mouse reproducibility explains the impact and importance of genetic drift, genetic contamination, and genotyping inconsistencies. Its companion Q&A page gives additional information in great detail.

* CRISPR-CAS9 used under licenses to granted and pending US and international patents from The Broad Institute and ERS Genomics Limited.

** Available in continental US only. For European and other global clients, please contact us to discuss our convenient shipping options.