コンジェニック系統の生産

コンジェニック系統は、遺伝子的変異性を低減し、表現型への遺伝子的背景の寄与に関する洞察を提供することから、生物医学研究で広く使用されています。コンジェニック系統は、1つの例外を除き、すべての遺伝子座で同一です。その異なる遺伝子座とは通常、トランスジーンまたは対象のノックアウト領域のことです。従来のランダムな戻し交雑法を利用すると、コンジェニック系統を生み出すのに10世代(2年半以上)かかります。代わりに各世代のレシピエントゲノムを含む個体を選択的に繁殖させることで、弊社のスピードコンジェニックプログラム、マーカーアシステッド・アクセラレーテッド戻し交雑(MAX-BAX®)では、わずか15か月で完全なコンジェニックコロニーをお届けしております。

最重要点

  • 5世代未満で目的の遺伝子型を達成
  • あらゆるドナーとレシピエント系統用の特注設計のマウス384 SNPパネル
  • ラット、マウス、ゼブラフィッシュ用のゲノムワイドなマイクロサテライトパネル
  • 全パネルでカバーされるすべての常染色体とX染色体
  • 必要に応じて試験されるY染色体マーカー

時間の節約

従来の戻し交雑 スピード戻し交雑
世代 レシピエントゲノム 世代 レシピエントゲノム
F1 50.00% F1 ~50.00%
N2 75.00% N2 ~80.00%
N3 87.50% N3 ~94.00%
N4 93.75% N4 ~99.00%
N5 96.88% N5 ~100.00%
N6 98.44%    
N7 99.22%    
N8 99.61%    
N9 99.81%    
N10 99.90%