げっ歯類とウサギの感染病原体

実験動物施設を汚染する可能性のある感染病原体を理解することで、アウトブレイクを管理または防止する計画を立てることができます。Charles Riverでは、今日まで実験用のげっ歯類(マウス、ラット、スナネズミ、モルモット、ハムスター)とウサギに有病率の高いウイルス、バクテリア/真菌、寄生虫に関するテクニカルシートを作成いたしました。

病原体が施設や研究にどのような影響を与える可能性があるのかご相談されたい方は、 オンラインフォームをご記入ください。専門スタッフがお答えいたします。

Laboratory Animalに発表されたこのホワイトペーパーで、実験用マウスおよびラットにおける感染病原体の現在の有病率についての詳細をご覧いただけます。

Direct Animal Sampling and Exhaust Air Dust (EAD®)

Direct animal sampling detects viruses, bacteria, and parasites in animals by screening noninvasive samples with a PRIA panel. EAD® service detects viruses, bacteria, and parasites by screening ventilated caging systems. Additionally, this method overcomes the known limitations of soiled-bedding sentinels for detecting certain rodent infectious agents.

PRIA® Panels – Direct Animal, EAD®

 

Rodent and Rabbit Infectious Agent Technical Information

Charles River Guidebook Series for colony management, genetics, diagnostics for research animals

Download the Charles River Guidebook Series

Our popular Guidebook Series has gone digital! Receive essential guidance on everything from colony management to genetic testing, health surveillance, clinical signs and more.

Download Now

 

Frequently Asked Questions (FAQs) About Lab Animal Infectious Agent Testing