内部寄生虫および外寄生虫のスクリーニングサービス

内部寄生虫および外部寄生虫は、実験動物施設にとって常に大きな懸念事項となっています。Charles Riverでは、げっ歯類、ウサギ、大型動物のコロニーの寄生虫を検出できる複数のスクリーニング方法を提供しています。

お客様の施設で採取したサンプル(糞便、スワブ、テープなど)を弊社試験施設に直接提出していただけます。ヘルスモニタリングプログラムを補完する試験計画の開発についても直接、ご協力さしあげます。

見積もりのご請求

サンプルの種類 スクリーニング方法
糞便*
  • 糞便濃縮遠心分離(FCC)
  • クリプトスポリジウム (PCR)
  • ジアルジア G. lamblia、G. muris、PCR)
  • Spironucleus muris (PCR)
体表スワブ*
  • 体表のダニ(PCR)
糞便、肛門、および/または体表スワブ*
  • カスタムげっ歯類寄生虫PCRパネル
テープ
  • 外部寄生虫のテープ試験
  • 内部寄生虫のテープ試験
生きた動物
  • 外部寄生虫の直接検査
  • 内部寄生虫の直接検査
  • 原生動物用ウェットマウント
* FCCの場合は最大8サンプル、PCRの場合は最大10サンプルにまとめて、単一のグループとして試験し、1つの結果報告を出すことが可能です。