血清学試験

Charles Riverでは、弊社の主要な血清学試験法、Multiplexed Fluorometric ImmunoAssay® (MFIA®)を用いて、単一病原体の複数の系統を検査すると共に、システムとサンプルの適合性コントロールを組み込むことで、さらに感度と精度を高めています。

ご利用いただけるプロファイルにはマウスラットハムスターモルモットウサギスナネズミサル、カスタムプロファイル、および要請があれば単体病原体アッセイが含まれます。

サンプル採取

実験動物から血清学試験のために血液を採取するのは、動物のストレス増加につながる課題の多いプロセスです。Charles RiverにしかないHemaTIP™マイクロサンプラーでは、採取メディアを握りやすいスタイラスの先端につけて、このプロセスを簡素化しました。

血清学試薬

お客様の社内研究所でご利用いただける感染病原体試験用の血清学試薬をご用意しました。当社の技術スタッフが血清学試験の設定、スタッフ研修をお手伝いして、トラブルシューティングや結果の解釈に関する継続的なサポートをさせていただきます。MFIA®、ELISA、およびIFA用の試薬を揃えております。