研究動物の受精サービス

研究の完全性は、自然災害、遺伝的ドリフト、微生物汚染が原因で支障をきたすことがあります。弊社の受精サービスをご利用いただくことで、お客様はどのような状況であっても、元のストックにアクセスし、研究を続けることができます。これらのオプションは、現時点では使用しなくても将来必要になるかもしれない系統の生体を維持する代わりにご利用いただけます。

サービス 説明
モデル作製 最新技術を使用し、研究に適したモデルを選択、カスタマイズ、作製、維持します。
凍結保存 現在アクティブに使用していない生体のコロニーをバックアップまたは保管します。精子凍結保存したストックをわずか10〜12週間で復元します。
クリーン化 クリーン化サービスでは、ウイルス、バクテリア、寄生虫などの生物をマウスやラットから除去します。
高速コロニー育成 繁殖または研究に必要な数十匹の動物を、わずか12〜15週間で生成します。
系統レスキュー 加齢、表現型、身体障害、遺伝的要因によりコロニーの生殖が止まった場合に、繁殖コロニーを診断、計画、復元します。
MEA検査 マウス胚アッセイ(MEA)を使用し、培地と材料の毒性をスクリーニングします。