MEA検査

弊社の高スループット受精実験室は、ロットリリース前に培地と材料の毒性をスクリーニングするマウス胚アッセイ(MEA)を提供しています。MEAは、現時点で、培地と材料の毒性と機能性のテストにおいて最も広く使用されているバイオアッセイです。

弊社は週7日間アッセイを提供しており、短時間で結果をお知らせできます。弊社の他のすべてのサービスと同様に、MEA検査も博士課程レベルの広範なサイエンティストネットワークがサポートしており、正確で高品質な結果を保証いたします。

用途

MEAは、培地、実験器具、使い捨て品、配偶子や胚と接触する可能性のあるあらゆる機器の毒性と機能性の検査に使用されます。

手続き

  • B6D2F1/Crl x B6C3F1/Crlの交配による新鮮または凍結細胞胚1~2個
  • 試験品あたり最低25個の胚と25個の対照胚
  • 72時間、96時間、120時間後に胚を評価。検査に合格するには最低80%の胚盤胞が発達していること
  • 失敗した場合は無償で再検査
  • サンプルは週7日受け付け。検査は通常7日以内に完了
  • 一般的な手順は、洗浄または長期培養によって胚に試験物を接触させることです。使い捨て品、実験器具、機器は、通常、長期培養用の培養液をセットアップする前に培地で洗い流されます。

上記の情報はガイドラインのみです。お客様固有の要件に合わせて、個別の検査手順をご用意できます。