既製のトランスジェニックマウスモデル

遺伝子改変マウスは、人間の表現型と病理をより正確にモデル化できるよう構築されているため、研究者はメカニズムをより適切に探索し、発見のトランスレーショナルな可能性について自信を深めることができます。

カスタムモデルを作製する必要がありますか。
トランスジェニックマウス

最新技術を使用し、お客様の研究に適したモデルの選択、カスタマイズ、作製、維持をサポートいたします。詳細はこちら

腫瘍学、血管系疾患、神経変性、代謝障害を含む多数のトランスジェニックマウスをご利用いただけます。お客様の研究ニーズに最適なトランスジェニックマウスモデルの特定をCharles Riverがお手伝いします。

モデル リサーチ適応例
OT Iマウス 免疫学、炎症、自己免疫
OT IIマウス T-細胞生物学

さらに、genOwayとのコラボレーションにより、インビボ研究で使用するノックアウトマウスモデルも供給しています。