CRISPR/Cas9マウスとラットのモデルの作製

CRISPR/Cas9*ゲノム編集を使用したヒト疾患のラットおよびマウス独自モデルの作製には、時間の節約、動物の使用の潜在的低減、全体的な費用対効果など多くの利点があり、この分野を革新的に発展させてきました。しかし、カスタムのCRISPRマウスおよびラットを作製する場合は、オフターゲット効果、モザイク型、突然変異の可能性、そして、より複雑なゲノム改変の作製にともなう潜在的な問題など、他の事柄を考慮することも必要になります。

ウェビナーシリーズ:
トランスジェニックマウスとラットのモデルの作製

遺伝子鎖を編集する研究者ゲノム編集のためのCRISPR/Cas9*、動物モデル作製、遺伝子治療、およびヒト疾患のモデリングの詳細については、ウェビナーシリーズをご視聴ください。シリーズを視聴する

Charles RiverのすべてのサービスはVAF™(SOPF)/Elite哺育用メス親を使用し、専門的な飼育、および結果のキメラマウスまたはファウンダーマウスの離乳を含みます。拡張パッケージには、F1世代までの繁殖と、サンプル回収および所定数のマウスのスクリーニングが含まれます。

プロジェクトのご相談・見積もりを依頼する

*CRISPR-CAS9 は The Broad Institute および ERS Genomics Limited から米国特許および国際特許を取得済みおよび申請中のライセンスの下で使用しています。

 

 

関連ブログ

  • CRISPR によるリサーチの加速

    CRISPR により、トランスジェニックマウスをこれまで以上に短期間で精密に作製できるようになりました。従来のゲノム編集アプローチは効果的ですが、時間がかかります。CRSPR を使用して DNA の損傷を選択的に導入し、細胞を自然に自己修復させる方が時間がかかりません。この方法により、今まで数か月から数年かかっていたプロセスを数週間に短縮できるようになりました。 全文を読む

  • 新しい遺伝子編集ツールで動物の数は減らせるか

    CRISPR/Cas9 を使用したゲノム編集の結果、遺伝子改変動物の数は増減します。あるサイエンティストは、「個々の研究では、減少するチャンスが大きい」と述べています。「ゲノム編集の高度化が進み、(中略) インビボ 表現型試験の感度と再現性が増加する」という主張です。 全文を読む

  • CRISPR が医薬品開発を加速させる理由

    CRISPR's は相対的に使いやすいため、薬物治療の予測可能性が改善されることから、より複雑な細胞アッセイの開発に貢献することが期待されます。メリットとしては、化合物の損耗率の低減や標的検証の改善などがあります。 全文を読む

 

よくあるご質問(FAQs)