RNAi媒介遺伝子サイレンシング

Charles River では、マウスモデルにおける目的の遺伝子に向けた、強力かつ誘導性があり、可逆的な RNAi媒介遺伝子サイレンシングを提供しております。最先端の マイクロインジェクション により、約 12 週間で、カスタム ES細胞をお客様の インビボ 研究モデルに変換いたします。


RNAiマウスの利点

  • 速度

    カスタム RNAi マウスは通常、プロジェクト開始から 24 週間以内にご利用可能となります。目的の遺伝子に対して検証済みの shRNAs がすでに利用可能な場合でしたら、RNAiマウスをより短期間でご利用いただけます。

  • 複雑さ

    複数の遺伝子を胚性幹細胞で直接標的とし、その後マウスを作製することができるため、非常に複雑な遺伝子改変をより短時間で行い、繁殖の時間とコストを削減していただけます。

  • 柔軟性

    TET誘導システムで遺伝子抑制のタイミングと持続時間を制御するため、実験設計の柔軟性が向上します。

  • 遺伝子標的の拡大

    遺伝子抑制の誘導性と可逆性により、遺伝子をインビボ で操作できるようになりました。

  • 反復発生

    完全なノックアウトとは対照的に、遺伝子機能を抑制することで、低分子アゴニストの活動をより厳密に模倣できます。


RNAi 作製法のタイムライン

推定タイムライン:6~7.5 か月

  • 0 か月目 ►プロジェクト開始
  • 3 か月目 ►強力なshRNAsの作製
  • 5 か月目 ►標的RNAi ES 細胞株の作製と検証
  • 6 か月目 ►ES 細胞由来の RNAi マウスの作製


RNAi ESインジェクション

強力な RNAsの作製に続いて RNAi ES の手法を実施します。この物質を胚性幹細胞に移植し、その後、哺育用メス親に移植します。

  • パッケージ I
    • 強力なshRNAsの作製
    • ~80 個の胚へのインジェクション
    • VAF/Elite® 哺育用メス親への再移植
    • 世話と離乳
    • VAF/Elite® ヘルスレポート


    キメラマウスの納品

  • パッケージ II

    パッケージ I サービスに以下を追加したもの:

    • F1 世代までの繁殖
    • 最大 40 匹のマウスのサンプル採取とスクリーニング


    ヘテロ接合型 F1 マウスの納品

プロジェクトのご相談または見積もりのご請求


補足サービス

Charles River のモデル作製サービスは、 受精 (凍結保存、マイクロインジェクションなど)、 遺伝子検査繁殖など、 貴重なマウスモデル株の長期的なインテグリティを保護する包括的なサポートサービスポートフォリオによって強化されています。