マウスES細胞生成

お客様のプロジェクトに胚性幹(ES)細胞技術が必要な場合、Charles RiverはES細胞の遺伝子的操作、および哺育用メス親に再移植する胚へのインジェクションを統合したソリューションを提供します。

ES細胞メソッドに含まれるもの:

  • Charles River専有BALB/cNとC57BL/6Nセルの使用
  • 遺伝子置換の頻度を高めるためのCRISPRの任意使用
  • IMPC ES細胞変異リソースの使用

Charles RiverのES細胞の突然変異誘発サービスの詳細については、技術シートをダウンロードしてください。

プロジェクトのご相談または見積もりのご依頼

CRISPR-Cas9は、The Broad InstituteおよびERS Genomics Limitedから米国特許および国際特許を取得済みおよび申請中のライセンスの下で使用しています。