カスタムノックインマウスモデルの作製と維持

トランスジェニックマウスは、マウスゲノムを操作できるという特性のため、ヒト疾患をモデル化するための強力なツールとなっています。業界パートナーとの連携により、複雑な複数のアレルの突然変異、構成的ノックインマウス、ヒト化マウス、点突然変異ノックインマウス、タグ/レポーター、標的遺伝子導入など、すべてのタイプの突然変異を実現できます。


ノックインマウス突然変異

  • 構成的KIマウス:このモデルは、選択された遺伝子座のタンパク質のcDNA配列コーディングを運ぶように設計されています。
  • 点突然変異KIマウス:このモデルは、指定された遺伝子の配列内のDNA塩基を交換しています。
  • ヒト化マウス:このモデルは、マウス遺伝子を対応するヒト遺伝子と交換しています。


ノックインマウスについてよくあるご質問(FAQ)