トランスジェニックおよびノックアウトラットモデルの作製と維持

生理学的に多くの点でヒトと類似しているラットモデルは、生理学者、薬理学者、および神経科学者が長い間好んで使用してきたモデルです。サイズが大きいため、特定の実験や手術、さらににマウスモデルでは達成できない生理学的パラメーターのモニタリングが可能です。ノックアウトラットモデルの方が、臨床特性化アプローチに適しているケースもあります。
 

ウェビナーシリーズ:
トランスジェニックマウスとラットのモデルの作製

遺伝子鎖を編集する研究者ゲノム編集のためのCRISPR/Cas9*、動物モデル作製、遺伝子治療、およびヒト疾患のモデリングの詳細については、ウェビナーシリーズをご視聴ください。シリーズを視聴する


ノックアウトラットで提供するサービス


トランスジェニックノックアウトラットについてよくあるご質問(FAQ)

 

プロジェクトのご相談・見積もりを依頼する

*CRISPR-CAS9 は The Broad Institute および ERS Genomics Limited から米国特許および国際特許を取得済みおよび申請中のライセンスの下で使用しています。