ES細胞、DNA、CRISPRマイクロインジェクション

Charles Riverが提供するマイクロインジェクションサービスを利用して、インビトロ モデルとインビボ モデルのギャップを埋めましょう。Charles Riverの経験豊富な技術者が最先端の機器と技術を使用し、胚性幹(ES)細胞を準備して胚盤胞にインジェクトするか、または、お客様の遺伝物質(CRISPRなど)をマウスの1細胞胚にインジェクトします。こちらの胚盤胞インジェクションのビデオをご覧ください。

 

動物でのマイクロインジェクション技術

Charles Riverでは、さまざまなインジェクション技術を提供しており、お客様の研究に適した動物モデルを作製できるようにしています。

ES細胞インジェクション
DNAインジェクション
  • パッケージ I - プラスミドベクター
    • 1 細胞胚へのインジェクション
    • 哺育用メス親への再移植
    • 世話と離乳
    • 遺伝子検査用の生検
    • 完全なヘルスレポート
    • トランスジェニックマウスの納品
  • パッケージ II – BAC

    パッケージ I サービスに、 F1 世代までの繁殖とヘテロ接合型 F1 マウスの納品を追加したもの

CRISPRインジェクション
  • パッケージ I
    • 胚へのインジェクション
    • メスへの再移植
    • 世話と離乳
    • 遺伝子検査用の生検
    • 完全なヘルスレポート
    • トランスジェニックマウスの納品
  • パッケージ II

    パッケージ I サービスに、 F1世代までの繁殖とヘテロ接合型マウスの納品を追加したもの

プロジェクトのご相談・見積もりを依頼する

*CRISPR-CAS9 は The Broad Institute および ERS Genomics Limited から米国特許および国際特許を取得済みおよび申請中のライセンスの下で使用しています。