げっ歯類および鳥類収容用アイソレータユニット

免疫不全の 無菌 モデルやノトバイオート、マイクロバイオーム、病原菌研究に関する動物実験を支援する特殊な環境ハウジング条件についての科学的ニーズが高まる中、Charles River では 50 年以上にわたり、これらの必要を念頭に置いてハウジング設備を設計してきました。現在、エンジニアリング部門ではアイソレータを開発し、必要に応じて顧客固有のソリューションを考案しています。各製品では主な目的として、個人の安全、動物福祉、および環境への配慮に取り組んでいます。

Charles River のカスタム製造アイソレータは、安全で耐久性があり、あらゆる条件の環境で簡単にセットアップできます。利用可能なアイソレータは次のとおりです: *

アイソレータの一般的な用途は次のとおりです。

アイソレータは、重要なリサーチ研究のために実施する生物学的封じ込めまたは生物学的排除の費用効果の高い手段も提供しています。アイソレータ同士を接続して、プロシージャアイソレータとして使用することもできます。

詳細情報をリクエスト

アイソレータアクセサリ

オートクレーブ対応シリンダー (24.5 インチ L x 16 インチ H x 12 インチ W)も利用できます。この特殊シリンダーはアイソレータと組み合わせて無菌生産を行うために使用します。アイソレータで使用する原材料を環境に投入する前に行うオートクレーブに対応しているシリンダーです。

* 注:現在、アイソレータの販売は北米でのみ行われています。